2014年02月27日

超幅広い襖(ふすま)の巻

超幅広い襖(ふすま)その1
本日の現場は、なんと!高さ(H)より幅(W)の方が大きい襖(ふすま)をご紹介。

Hは180センチなのですがWが190センチ!
30年以上もこの仕事をやっていますが
車で5分とかからないご近所の一般住宅に
こんな特殊な襖(ふすま)があるなんてね(^_^;

これを1枚の紙で張ってくださいというのですが・・・。
実際現状は確かに継ぎ目なし。

そんな大きな紙があるのかと
問屋さんに聞いてみると
あるんですね!ハイッ、ありました。
6尺(約182センチ)×7尺(210センチ)の紙見っけ!

しかしっ!まず困ったのが、車に積めないってこと・・・。
というわけで、ちょうどおおきなリビングをそのまま
作業場として使わせてもらうことになり
ふ~、よかった~

次に、一人では持てない!
襖(ふすま)本体も、紙も!!
手が届きません!!!

で、ふすまっくす(弟)と二人体制で
襖(ふすま)1枚に一日掛かりました。

主な流れ
1、椽(ふち)をはずす
2、古い紙めくる
3、袋張り施工
4、片面上張り
超幅広い襖(ふすま)の下張り

ここまでが午前中

5、もう片面上張り

乾くまでいったん帰る・・・

6、新しい引き手と椽(ふち)を入れなおす
7、建付け調整までで完了!
超幅広い襖(ふすま)その3

紙の素材は、鳥の子(とりのこ)という和紙の無地で
壁の半分はある面積の襖(ふすま)には
あさっりしていて、お客様も大喜び!

なんでも、今までは奈良の表具屋さんに頼んでいたそうな・・。
その表具屋さんは、持って帰った施工されたそうですが
一度、出来上がりを持ってくる最中に破ってしまったらしく(^_^;
また出直したらしいです(T_T)
その表具屋さんも、お亡くなりになられたらしく
一番近いところをさがしていたところ
ふすまっくす松岡表具店に行き着き
今までも頼んどいたらよかったわぁ~、というお言葉。

そう、やっぱり特殊な技術を要する仕事は
近所に越したことはありませんよね~(^-^)v

えっ?お値段?
特殊な襖紙を2枚使ったこと
二人で一日掛かったことを考えれば
両面張りの襖(ふすま)1枚¥25,000円(税込)はお安くないですか?




  


2014年02月21日

社訓の額装!

社訓横型
本日の施工例は
地元密着の工務店、㈱いろどりの家さまの経営理念が書かれた
書作品(B4相当)を額装させていただいたものです。
額の大きさは約56センチ×70センチ

揮毫は
facebookでおなじみの
村上先生
なんと同級生なんですよね~。
すごいわ、ほんま!

社訓縦型
昨年にも、縦型のものを額装させていただいたのですが
2階の事務所に飾っているので
1階のショールームにも飾ってお客様にも
見ていただきたいと、今回注文をいただきました。

すばらしい経営理念を具体化された
ひとつの形ですね。

ふすまっくす松岡表具店も考えなくては!


  


Posted by ふすまっくす at 19:03Comments(0)本日の現場~額施工例~

2014年02月01日

手押し車出動!



本日は、ふすまっくす号ミニを紹介させていただきます。

襖などの納品の時に、どうしてもふすまっくす号で入って行けない狭い路地などがあります。

そういう時にこの、ふすまっく号ミニが活躍します!

元々畳運搬用の頑丈なフレームの手押し車を、襖でも積めるように改良して使っています。

マンションなどのエレベーターにも入れて、長い廊下もす〜いスイ!

使い始めて10年以上になりますが、今では貴重な戦力になりました(^_^)v

もしこれを押しているところを見かけたら、ぜひ一声掛けてくださいね〜(^-^)/

それでは今日も一日がんばりましょう〜p(^_^)q