ふすまっくす日誌NEW › 本日の現場~表装編~

2019年12月27日

令和の集大成!

令和元年!ふすまっくす松岡表具店の集大成!!
無事年内に納品でき、1年のよい締めくくりとなりました。

ゆうに100年以上は経っていると推察する4枚の古書を修復(しみ抜き・補強・再裏打)して、令和の新築へ移植しました。
それは、平成最後の4月からこの話は始まりました。
昨年の北部地震と台風で建て替えることになったおうちに入っていたふすま4枚。
先代のおじいさまの遺言は「これだけは大事にせえよ」
しかし、新しいおうちはすでに設計図が出来上がっており
このままのサイズでは収まらないことがわかり・・・・。
新しい造作に合わせてふすまのサイズを算出し、修復する古書のレイアウトを検討するも
幅が細いので、引手と干渉するので端に寄せ、閉めた時に2枚ずつ続くように提案。
高さは現代の住環境に合わせて2mになるので、縦横のバランスがどうなのかとても悩みましたが
納品してみると思ったよりしっくり収まりました。
立ち会っていただいた施主様にも「ふすまが入って落ち着いた」と非常に喜んでいただきました。


元のふすまはこんな状態でした。
わかりますか?
なんと、下張りの和紙に
「尋常小学修身書」の文字が!?

尋常小学校(じんじょうしょうがっこう)は明治維新(明治19年)から第二次世界大戦勃発前までの時代に存在した初等教育機関の名称(Wikipediaより)
でもよく見てください。
その奥の下張りは、手書きの帳面と木版画刷りの和紙からなっています。
ということは、軽く江戸時代の可能性大!!


ふすまを開けると、奥の間には屏風が見えます。

実はこの絵は、施主様ご自身が描かれたものです!
サイズは100号。


そうそう、この引手だけで1個1万円。
椽(ふち)は本漆塗仕様。
さてふすまは、ハウマッチ?


最後に、今回の新邸を建てられた「アイルホーム株式会社」様、取引のない弊店との打ち合わせに何度も快くお付き合いいただき、ご協力いただいたことに、この場を借りてお礼申し上げます。


  


Posted by ふすまっくす at 12:00Comments(0)本日の現場~表装編~

2015年07月05日

本日は出前体験教室!

本日は
ハガキ用ミニ掛軸を作る体験教室
初めての出前講座でした。

西武高槻の体験教室に参加されたのをきっかけに、ご自分の自治会へ持ち帰られ、後日出前の要請を受けました。

15名の参加があり、みなさん普段から仲がいいんでしょうね(^。^)
和気あいあいと、大きく遅れる方もなく進みました。

約1時間半の長丁場でしたが、あっという間に過ぎた感じです。
みなさん、出来栄えに満足されて、最後に作品を手に記念撮影(^_^)v

みなさんの笑顔のお手伝いができて、初めての出前講座はいい経験になりました。

今日の作品は、11月の自治会の文化祭に出品されるそうです。



  

2014年05月09日

本日から始まります。

コラボ衝立 アクリル×irodori
本日から、ふすまっくす松岡表具店で表装を承った
第12回橋本水悦書院書作展が始まります。

全員が女性の、作品にも表装にもこだわりのある
素敵な展覧会です。

その一例が上の衝立(ついたて)です。

透明アクリルで表装した作品をサンドイッチした後
欅(けやき)の脚でがっちりと支えました。

はじめからデザインされたかのようですが
直前にデザイン変更があり
今回はこの脚を
㈱いろどりの家の西田さんに急遽依頼。

連休前の忙しい時にもかかわらず
わざわざ銘木団地まで探しに行っていただき
製作してもらいました。

作者の方も大満足していただきました!

もちろん!
他の作品もみなさんに気に入っていただき、ひと安心。

20年来の付き合いなので
お顔とお人柄を思い出しながら
制作していますので、やりがいがありますね。(^-^)v
第12回橋本水悦書院書作展
昨日の搬入時は
最後まで飾りつけのお手伝いもさせていただきました。

本日より、14日水曜日まで開催中
阪急高槻市駅内 高槻市立ギャラリー「けやき」
10:00~19:00(最終日は17:00まで)

お勤め帰りにいかがですか?


  


Posted by ふすまっくす at 07:00Comments(0)本日の現場~表装編~

2013年04月09日

箱張りもやりますよ!

本日は、知り合いのお嬢ちゃんが小学校に持って行かれる
お道具箱の、「箱張り」です。

紙いっぱいありますが、女の子ですからね。
玉紙(たまがみ)という、超撥水の壁装用の和紙の断ち落としを使いました。
ヨシ紙と同じ製造元です。
色はサーモンピンク。

糊付け、ゴシゴシ。
ちなみに、角の内側はあらかじめ和紙で補強してあります。

そこへお道具箱を印の付けたセンターに置きにいきます。

長手(横)、ペタペタ。

短手(縦)ペタペタ。

角の処理は、小手でグイグイ。

こういう箱の形態を「かぶせ箱」といい
下になる方は「身・み」(写真奥)、上は「蓋・ふた」(写真手前)といいます。

無事完了!我ながらよくなった!!

昨日始業式(^_^;
本日の初出動には間に合いそうで、ひと安心(^ ^;Δ
子どもたちの評判はいかに!?

  


Posted by ふすまっくす at 08:00Comments(0)本日の現場~表装編~

2012年12月15日

同じものがない!

実は昨日の、衝立のもう片面があったのですが・・・。
衝立山水画
昨日の御所車に金細工の柄はほぼ同じものがあったのですが
この立派な老松の幹に金細工の柄は残念ながら
問屋さん総動員でも見つからず
手描き山水画に落ち着きました。
これはこれで明るくていいもんでしょ?

両面張り替えて総額¥73,500円(税込)でした。
高っ!と思うなかれ。
何十年使えると思えば一年あたりにすると・・・ね。  


Posted by ふすまっくす at 20:04Comments(0)本日の現場~表装編~

2012年12月14日

同じものあった!

本日の現場は、衝立の張替です。
金細工の衝立
30年ぐらい前のもので
お客様は同じ柄をご希望されましたが
手描きの上に金細工となれば限られてきます。
しかし、探すとあるもんですね。
ほとんど同じ柄のものがありました!
きっと「型」のようなものが残っているのでしょうね。

衝立の場合、枠と足自体はとても頑丈に作られていることが多いので
ほとんどが中身だけの張替(又は新調)になります。
  


Posted by ふすまっくす at 19:38Comments(0)本日の現場~表装編~